坂本 健 (さかもと けん)

坂本 健 (さかもと けん)

「これは楽しそう!」 「興味深い!」という驚きと喜びを持って研修時間をすごして頂くよう心掛けています

大学卒業後、株式会社トーメンでの営業経験を経て、プラウドフットジャパン株式会社でのマネジメント改善、プロセス分析、コミュニケーションの指導、マネジメントコミュニケーショントレーニングの企画・設計・実施など業務改革業務に従事する。 2001年 ワトソンワイアット株式会社入社後は、人事制度改革、管理部門業務改革、社員の意識調査と並行し、これらの改革を実現させるためのマネジメントトレーニング等、研修業務に従事。 2009年 株式会社ポテンシャル・ディスカバリー・コンサルティングを設立して独立、同時に日本ODコンサルタンツ 教育トレーナーとして参加。

専門分野

◆組織・人材マネジメントに関わる研修
◆目標管理・コンピテンシー等、評価者・被評価者研修
◆マネジメントコミュニケーション、動機づけ等、部下のマネジメントに関わる研修・指導
◆営業管理、工程管理など、業務マネジメントに関わる研修・指導
◆事業計画立案、問題解決等、戦略的・論理的思考力の開発に関わる研修・指導
◆チーム活動、タスクフォース、プロジェクト活動などの運営に関わる研修・指導
◆営業、カスタマーサービス、技術サービスなどにおける顧客とのコミュニケーションに関わる研修・指導
◆人事制度、評価制度、報酬制度など、人事制度の設計・運営に関わる研修・指導

インタビュー

●どのようなきっかけで講師になろうと思ったのですか?

担当させていただくお仕事の中で、研修の比重が上がってきましたが、今まで一貫して、現場に即したコンサルティングをしてきました。現場、職場に<目に見える変化>が訪れるところまで、勉強会や研修などの取り組みを通じて浸透支援を徹底するのです。この「勉強会や研修」の実施経験を積み重ねながら、その素晴らしさや奥深さを感じるようになりました。

事例ごとに毎回内容をデザイン・カスタマイズすることで、お客さま固有の課題に対応していましたが、ケースによっては、コンサルティングというプロセスを踏まなくても、研修やワークショップを通じて変革実行の支援をすることが可能。コンサル会社ではコンサル抜きとは行きませんので、サービスの垣根や制約にとらわれず、お客さまに最も適したサービスを提供したい...そんな気持ちから独立し、研修講師としてもお仕事をさせていただくようになりました。


講師をしていて良かった、楽しいと感じるときはどのようなときですか?

率直に一番うれしい場面を思い浮かべると、これは間違いなく「研修終了の際に拍手を頂くとき」ですね。
また、ビジネスの前線で活躍している受講者の方々に、講師ではなく、仲間として受け入れられたと感じられるような瞬間があり、これも嬉しいものです。例えば、泊りがけの研修で、懇親会などで打ち解けたあとに個別の相談を頂いたり、お互いのビジネスの苦労話で盛り上がったり。受講していただく方々は、その道で頑張っているプロフェッショナルで、本当に尊敬できる方ばかりです。そういう方々と一体感を感じられるのは、最高の喜びです。


研修を行うとき、また参加者との関わりについて、心がけていることはどのようなことですか?

希望制の研修ならともかく、ふつう、強制参加の研修はつまらない(笑)。それを、少しでも興味深い、面白い、受けてよかったと思って帰っていただきたい。だから、ツールや仕掛け(時には小ネタ)などの企画・準備にはいつも頭を使います。
特に、机上で頭と口だけ動かすだけでなく、書く・貼る、などという作業を通じて皆が参加し、楽しめるように工夫しています。
あとは、心がけとしてですが、参加者の方の心理的な負担を極力減らしたいと思っています。指名のときにも、指名される側には答えられない・答えたくないというようなこともありますよね。そんな抵抗感とか、「ドキッ」とした感じを持たないで済むように、常に配慮しています。


この変化の時代において必要とされる社員教育とは、どのようなものだと考えますか?

この20年の職場の環境変化というのは、あらゆる階層の方々に新たな問題をもたらしています。
様々な問題への対処方法を身につけないまま現場に投入される新入社員。
年上の部下や自分より経験の長い中途採用社員をマネジメントしなければならない中間管理職。
変化の速い市場で、常に攻め続けなければならない経営幹部。
従来と比べて、起用・登用も早まっている分、混乱や悩みも多く、メンタルヘルスを損なうケースも。

それぞれの階層の一人一人の社員が、適切な「ファイティングポーズ」をとって、自らの職責に臨める。そういう状況を実現することが、いま最も重要ではないかと思います。
目先の細かいスキルも大事ですが、同時に「未来に備える」という中長期の視点を取り入れる。それが、現在の社員教育の課題ではないかと考えています。

« 講師一覧ページへ

日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up