岩本 英幸(いわもと ひでゆき)

岩本 英幸(いわもと ひでゆき)

笑顔、感動、やる気、力強さ、応援、自信、決意など、「人の魅力」を発揮したとき、講師としてお役に立てた喜びを感じます。

大学卒業後、外資系化学メーカーにMRとして入社。販売キャンペーンでは全国2位の成績をあげる。その後、営業研修の企画、運営などを担当。またベンチャー系小売業、大手サービス系企業ではそれぞれ人材開発部門の責任者として人材開発・組織管理・要員管理など統括管理を担当。営業部門の立直しのため、商品管理体制システムの整備や営業部門評価システムの構築なども経験した。企業での管理職経験は約12年。 2003年に人材育成のスペシャリストを目指し独立。大手企業からベンチャー企業に至るまで、多くの企業で階層別教育や組織活性コンサルタントとして携わってきている。2010年より、日本ODコンサルタンツに教育トレーナーとして参加。

専門分野

【研修講師として】
・階層別研修
経営層、管理職層、リーダー層など特にマネジメント層の研修を得意とする。
360度サーベイを用いたマネジメント研修に多く実績がある。
・テーマ別研修
経営改善、組織強化、リーダーシップ開発、モチベーション向上、コミュニケーション力向上、意識改革、問題解決、目標管理、人事考課者育成、カウンセリング など。

【組織活性コンサルタントとして】
・アクションラーニング シニアコーチ
現場活性化のために、職場ヒアリング、問題解決のための会議運営、職場モチベーション向上、カウンセリングの実施 など。

【採用コンサルタントとして】
 ・要員計画、採用計画の策定・管理、企業説明会の指導、面接官の育成 など。

【チェーンストア理論による店舗づくり】
 ・ストアコンパリゾン研修、商品構成グラフ研修 など。

 

インタビュー

●どのようなきっかけで講師になろうと思ったのですか?

もともと人に関わるのが好きだったため、営業職を希望しその職に就きました。
そんな中、営業マン教育の業務を担当することとなり、講師役も経験しました。
その経験の中で、人が成長する場面に何回か遭遇させていただきました。
このことにより、人の成長に貢献することの意義を強く感じ、講師としてのキャリアを意識し始めました。
 
●講師をしていて良かった、楽しいと感じるときはどのようなときですか?

人の笑顔、人の感動、人のやる気、人の力強さ、人の応援、人の自信、人の決意、など、「人の魅力」を発揮したとき、講師としてお役に立てた喜びを感じます。

●研修を行うとき、また参加者との関わりについて、心がけていることはどのようなことですか?

尊重する、肯定的な視点で関わる、可能性を信じる、同じ目線に立つ、相手の立場に立つ、丁寧にわかりやすく説明する、などできるだけ自分が体現していることをメッセージとして情報提供しています。


●この変化の時代において必要とされる社員教育とは、どのようなものだと考えますか?

まず第一に私たち教育に関わる講師自身が、固定概念から脱却し常に成長し続けることが必要です。
そして第二に、教育プログラムが「今の時代」に合わせて常に進化(深化)し続けることです。
研修に参加する人の「今」の特性を把握し、「今」ベストとなる育成メッセージを提供することが求められていると考えます。

« 講師一覧ページへ

日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up