中川 渉(なかがわ わたる)

中川 渉(なかがわ わたる)

リアリティーのあるコンテンツで、研修参加者の方々と真剣勝負をします。

石川県金沢市出身。大阪大学工学部を卒業後、国内大手コンサルティング会社に入社。住宅不動産業、教育業、製造業、ITサービス業、飲食業などの業界に対してご支援を行う。プレイヤー、プレーイングマネージャーとしてコンサルティング、研修講師、営業、販促を担当。社長賞受賞。事業部長として30名の組織をマネジメントし利益を上げる。執行役員として大きな赤字を出していた実業子会社に異動し立て直しを行う。その後、教育事業を行うベンチャー企業に転職。人事部にて人事評価制度構築、アセスメント設計、マネージャー研修、エリアマネージャー研修の作成、講師を担当。兼任で教材の営業を行い目標達成率1位になる。開発部長として、Web・システム開発、教材開発、デザインなどのマネジメントを行う。2013年より日本ODコンサルタンツに教育トレーナーとして参加。

専門分野

 【営業支援】

セールスステップ設計、プロセスマネジメント、購買心理から逆算したセールスステップ設計、ターゲッティング、仕組み構築(ランクアップ、クロージング)、紹介営業、CRM設計ほか

【人材育成支援】

・マネージャー研修(心構え、傾聴・共感、褒め・指摘、仕事の任せ方、伝え方、1対多コミュニケーション、業績マネジメント、ミーティング設計、問題解決、マネジメントサイクルの設計、リーダーシップ、人事評価者、各種アセスメント ほか)

・新人研修(心構え、教わり方、仕事の進め方、スケジューリングの仕方 ほか)

・理念浸透研修(作り方、浸透のさせ方)

・生産性向上研修 (オペレーション構築、標準化、スケジューリング、プロジェクトマネジメント)

・人事評価制度

・著著『勝ち残りの条件「考えるセールス部隊」を育てる―確実に数字を上げる住宅営業手法 』 (日経BP出版センター)(共著)

インタビュー

●どのようなきっかけで講師になろうと思ったのですか?

新しいテクノロジーを作るのも、良いこと(悪いこと)をするのもすべて人や組織です。根っこの部分に関わっていたいという思いからです。「弘法筆を選ばず」と言いますが、筆(テクノロジー)は使う人を選ぶと思っています。

 
●講師をしていて良かった、楽しいと感じるときはどのようなときですか?

・企画時に設定した目標が達成されたとき。

・参加者の方に「5年前の、あの研修が自分の指針になっています。」と言って頂いたとき。

・参加者の方が、聞いているだけでワクワクするような意見、アイデア、決意を言って頂いたとき。

・参加者の方に懇親会で胴上げして頂いたとき(笑) 他にも喜びを感じる瞬間はたくさんあります。

 

 

●研修を行うとき、また参加者との関わりについて、心がけていることはどのようなことですか?

・自分だけ「安全圏」にいるのではなく、参加者の方々と真剣勝負をすること。
・教えるのではなく、ともに学び、自分も成長すること。
・難しいことを簡単にお伝えすること。簡単なことを難しくしないこと。

 


●この変化の時代において必要とされる社員教育とは、どのようなものだと考えますか?

 

・常に目的から始めること。

・既に起こっている未来に適応すること。

・周囲に感謝の気持ちを持ち、伝えること。

以上、3点が変化の時代に必要であると考えています。

« 講師一覧ページへ

日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up