浅田 すぐる(あさだ すぐる)

浅田 すぐる(あさだ すぐる)

「自分が言いたかったのはそういうことじゃなくて・・」。組織にはびこるミスコミュニケーションを『紙1枚書くだけ』で解決します。

立命館大学経済学部卒業後、トヨタ自動車に入社。トヨタ独自の「1枚」仕事術・「問題解決」術を学ぶ。2009年米国トヨタ自動車に異動。帰国後、リコール問題を契機にトヨタ企業ホームページの企画・運営業務を担当。数億円規模の抜本カイゼンプロジェクトを推進し、当時13位だった企業ホームページランキングが1位に躍進し日本一を獲得する。2012年(株)グロービズに転職、会社ホームページ等のカイゼン業務に従事し、2012年独立。トヨタで学んだ「1枚フレームワーク」仕事術という名称でセミナー・研修・コンサルティング等を展開し、新人・管理職・経営者まで幅広く支持を受けている。2013年より、日本ODコンサルタンツに教育トレーナーとして参加。

専門分野

 
◆トヨタで学んだ「1枚」仕事術、
 ビジネススクールで学んだ「フレームワーク」、
 両者を組み合せた「1枚フレームワーク」仕事術

◆「1枚フレームワーク」仕事術のカバー領域
・社会人の基礎となる、
  -インプット:聞く力・理解する力・考える力
  -アウトプット:伝える力・働きかける力・実現する力
 を「1枚」書くだけでカイゼンする技術を身につける「1枚」仕事力研修
・「誰でもロジカル」を実現する「1枚」で「ロジカル・シンキング」カイゼン研修
・組織コミュニケーションをホワイトボード「1枚」で円滑にする「1枚」会議術研修
・「わかりやすい」だけでなく「相手に響く」プレゼンを実現する「1枚」プレゼン研修
・トヨタで学び実践した問題解決をあなたの職場にもインストール! 「1枚」で「問題解決」術研修
・仕事に活かせる本の読み方・使い方を修得する「1冊」「1枚」「15分」読書術研修

◆著書
 ・電子書籍『「1枚」で見える化!今から「5つの働きっぷり」をカイゼンしておこう』(ごきげんビジネス出版)
 ・トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術(サンマーク出版)

インタビュー

●どのようなきっかけで講師になろうと思ったのですか?

きっかけは3つです。
1つは学生時代。大学受験時、予備校のカリスマ講師が落ちこぼれの私を救ってくれました。「教える力」に魅力を感じた原体験です。
2つ目はトヨタ時代。仕事で困っている同僚の相談にのっているうちに、「浅田に話すと仕事が進む」と職場で評されるようになりました。「本質を抜き出す」「シンプルにして教える」「人が言語化できないことを表現できる」といった自身の強みを自覚しました。
3つ目は3.11。倒壊しそうなオフィスで揺れに耐えながら、初めて死を覚悟しました。「もし死んだら後悔はあるか?」答えはYesでした。自分の強みで社会にどれだけ貢献できるか挑戦すること。学生時代からの宿願でした。
その後、グロービスへの転職を経て独立。今に至ります。

●講師をしていて良かった、楽しいと感じるときはどのようなときですか?

2つあります。
1つは「目からウロコ!」と受講者に言われた時です。当たり前だけど誰も言語化できないことを、さらっと言葉にする。私の強みがお役に立てたと感じられる瞬間です。
2つ目は、「これなら続けられます!」と言われた時。特にビジネススクール時代、「こんなの難しくて使えない・・」と何度も首を傾げた体験があります。私は難しいことでも理解し、サクサク使いこなせるような人間ではありません。だからこそ、「シンプル、カンタン、短時間」、身につくまで「続けられる」ことにこだわっています。「さっそく使えました!」の声が、私の最大の喜びです。

●研修を行うとき、また参加者との関わりについて、心がけていることはどのようなことですか?


私は参加者に眠る自力を信じています。自力と自信を引き出すような研修をします。
たとえば、教えたことがすぐにできなくても批判はしません。最終的にはできると信じているからです。批判の代わりに「取り組んでくれてありがとう」とねぎらいをいれます。受講者のやる気をそぐような厳しい言い方はしません。
「浅田さんの研修は懇切丁寧」「リラックスして学べる」といった声を頂くことが多いです。

●この変化の時代において必要とされる社員教育とは、どのようなものだと考えますか?

ヒトコトでいえば「即効性」です。
私が手渡す「1枚フレームワーク」を使うための所要時間は、1枚あたり3分から5分程度です。厳密性や精度よりも、「停滞しない」「行き詰らない」「動き続けられる」ことを重視しています。「もし「1枚」書いてやってみて、うまくいかなかったら?」その時はもう「1枚」書けばいいと伝えています。ほんの数分ですので。
一生懸命分析しているうちに陳腐化する「変化の時代」だからこそ、さくさく手持ちの情報だけで仕事を進めてしまえばいい。
後はやりながらその都度軌道修正。そんな働き方が基本動作として求められる時代だからこそ、「1枚書くだけ」というシンプルな仕事術を私は手渡しています。

« 講師一覧ページへ

日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up