八木 理恵(やぎ りえ)

八木 理恵(やぎ りえ)

1人ひとりが持つ長所を引き出し、その人が真に輝くためのサポートを精一杯いたします。

大学卒業後、全日本空輸株式会社にて客室乗務員として勤務。退職後、2008年アメリカにてAICI(Association of image consultants international)国際イメージコンサルタントCIC試験に合格。以後独立をし、同年より印象アップのプロフェッショナルとして個人のイメージコンサルティングにとどまらず、大学の非常勤講師としてキャリアデザインの授業や各種専門学校での授業、大手メーカーやホテル等企業、病院での人材育成研修に携わる。企業での採用面接官も担当している。2016年より日本ODコンサルタンツに教育トレーナーとして参加。

専門分野

 

◆印象マネージメント研修

◆新入社員研修

◆ビジネスマナー研修

◆顧客満足(CS)・おもてなし研修

◆クレーム対応

◆若年層キャリアデザイン、就職支援


【例】
「好感度アップの印象術」
「グローバル社会で評価されるためのスーツの着こなしABC」
「信頼を築くビジネスマナー研修」
「顧客満足から顧客感動へ お客様の心を動かす接客術」
「医療・福祉スタッフのための接遇マナー」
「世界に通用するマナー・プロトコール」

インタビュー

●どのようなきっかけで講師になろうと思ったのですか?

前職で一期一会を大切にし、お客様と関わる中で得たことを、今度は違うフィールドで活かしてみたいと思ったからです。また、「人」が好きな私は、「一人ひとりが真に幸せに輝ける社会」のためにも、継続的に「人」をサポートできる講師の仕事に魅力を感じたからです。

 
●講師をしていて良かった、楽しいと感じるときはどのようなときですか?

受講生から「この研修がとても為になった。」や「今まで受講した研修で1番楽しかった。」などと感想をいただくと、こちらもとても嬉しい気持ちになり、さらなるやりがいにも繋がります。また、受講生の成長を目の当たりにすると、この仕事をしていて本当に良かったと感じます。

●研修を行うとき、また参加者との関わりについて、心がけていることはどのようなことですか?


受講生ファーストを大切にし、対全体ではなく、1人ひとりの良さを引き出せるようにと考えています。そのため、受講生の目線に立つことを心がけ、受講生の貴重な声をしっかりと聴き、楽しみながら学べるように工夫しています。また、ただ知識を伝えるのではなく、「なぜ」を大切にし、本質を掴んでいただけるような内容を組み立てるようにと考えております。

●この変化の時代において必要とされる社員教育とは、どのようなものだと考えますか?

多様化する社会において、企業がどのような価値を創り出し、企業の理念やヴィジョンを具現化するために社員が何をすべきか、そのベクトルを合わせるような教育がより求められるのではと考えます。細かな知識やノウハウも大切ですが、一人ひとりが企業においての存在価値を高めていくためにも、判断軸を真に持つ重要性を感じます。

« 講師一覧ページへ

日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up